こんの眼科の診療案内

オルソケラトロジー

Q&A

通院期間はどの位ですか?
レンズが到着して治療を始めると、こんの眼科では、翌日(午前)・1週間後・2週間後・3週間後・1か月後・2か月後・3か月後の定期検査があります。その後は、3か月に1度の定期検査を受けてください。
年齢制限はありますか?
小学生低学年から高齢者まで、幅広い年齢層の方が治療の対象となっています。
危険ではありませんか?
適切なケアと医師の指示に従って使用すれば安全です。しかし、一般のハードコンタクトレンズに近い一時的な障害が起こる可能性はあります。
どの位の期間で効果があらわれますか?
近視の強さにより違いがあります。一般的に、効果があらわれるのは非常に早く、数時間から遅くても1週間くらいで大きく違いが分かります。
ある期間でレンズを交換しなくてはならないのですが?
レンズの寿命は、1年から2年程度です。レンズの扱い方や眼の状態により異なります。医師の指示のもとにレンズを交換します。
連続装用しても大丈夫ですか?
夜間装着だけでなく、昼間のレンズ装着も問題ありません。この場合は、レンズの合わせが少し変わってきますので、事前にお知らせください。ただ、このような方には、通常のコンタクトレンズをお勧めしています。
治療に向かない人はどんな人ですか?
強度近視や強度の乱視、アレルギーやドライアイなどの眼疾患のある方などです。いずれも事前の検査によりわかりますので、ご相談ください。
レンズの扱い方は難しくありませんか?
多少注意を要しますが、基本的な扱いは、通常のハードコンタクトレンズと変わりません。
注意しなければならない事はなんですか?
オルソケラトロジー用のレンズは、屈折矯正を目的としてデザインされた特殊なコンタクトレンズです。したがって、眼科専門医の指示による装用スケジュールを守ることで、最大の矯正効果を得ることができます。

トップページに戻るオルソケラトロジーについてページに戻る