こんの眼科の診療案内

院長の「やさしい」目の病気解説

白内障と手術

「白内障」の初期の症状は、「まぶしい」「目がかすむ」というものです。進んでくるとメガネをかけても見えなくなってしまいます。

人の眼に入ってきた光は、角膜、水晶体を通って、網膜に像を結びます。このうち水晶体は、カメラのレンズに相当する役割を果たしています。

正常な水晶体は透明で光をよく通しますが、水晶体が濁ってしまうと、光がうまく通らず、物の見え方が悪くなってしまいます。これが白内障です。

原因

白内障の原因は主に「加齢」です。どなたでも年齢とともに白髪やしわが増えるのと同じです。そのほか、糖尿病やアトピー性皮膚炎などの方は早めに発症することが知られています。

治療

白内障が軽いうちは点眼薬でしばらく様子を見る場合もあります。しかし、点眼薬をつけても若返ることはないので、良くなることはありません。そのため、見辛くなった時には手術が必要になります。困った時が手術の時、と考えてください。最近の研究では、白内障手術を受けた場合には転倒の危険性が減少すると報告されています。高齢者は骨折後に入院や寝たきりということも多く、それを防ぐためにも手術を検討すべき時があるとされています。

白内障の手術は、濁ってしまった水晶体を取り出し、代わりに人工の眼内レンズを入れるというものです。多くの場合、後ろの膜(後嚢)を残して、水晶体の硬い部分(核)を超音波で砕いて吸い出し、そこに「眼内レンズ」を挿入します。眼内レンズの寿命は非常に長く、いったん眼の中に挿入すると取り替える必要はありません。


眼内レンズ挿入の図

白内障手術は、医師の努力と医療機器の進歩によって短時間で終わるようになりました。そうはいっても、眼を切ってその中に手を加えるという大変緻密な手術ですから、手術後のケアはとても大切です。眼の中にバイ菌が入ったり、強い炎症が起きたりすると、取り返しのつかないことになることもあります。術後に処方される点眼薬は、感染を防ぐ抗生物質と炎症止めの目薬を、指示されたとおりにつける必要があります。

術後は許可がでるまで、顔を直接洗ったり自分で髪を洗ったりしないでください。傷口がふさがるまでは、慎重に考えなくてはいけません。眼や頭をぶつけることもよくありませんので、体を大きく動かす運動や埃っぽい場所も控えましょう。

ただし、テレビを見たり本を読んだりしても大丈夫です。良くなった視力を楽しみましょう。

手術後には、それまでのメガネは合わなくなります。しばらくは度数が不安定ですので、眼の状態が落ち着いてから作り替えましょう。作り替える時期は、術後1か月程度が目安です。

 

白内障手術の大事な話

近視もなおる!

白内障の手術は眼内レンズを目の中に入れて終わります。眼内レンズにもメガネと同じように様々な度数があり、度数の選び方によって見え方が違ってきます。例えば子供の頃から強度近視で分厚い眼鏡が手放せなかった人も、眼内レンズの選び方次第で手術後には裸眼で運転を出来るようになります。強度近視の方にとってはまさに一石二鳥です。特に女性の方はお化粧がしやすくなり、術後にはとっても明るい笑顔を見せてくれます。

一方、「読書が好きだけど、遠視が強くて読むとすぐ疲れてしまう」という方は、ピントを近くに合わせましょう。裸眼で新聞も読めるようになります。眼内レンズの度数選び方次第で快適な生活を送ることができます。意外と知られていない大事なことなので、時間をかけてよく考えてもらっています。


トップページに戻る診療のご案内ページに戻る