こんの眼科の診療案内

院長の「やさしい」目の病気解説

眼瞼下垂(がんけんかすい)

症状

眼瞼下垂

「眼瞼下垂」とは、まぶたが下がってきて、まっすぐ向いたときに、上まぶたが瞳の上まで上げられない状態をいいます。

まぶたをきちんと上げることが難しくなるため、無意識におでこの筋肉を使ってまぶたを上げようとしてしまいます。そのため、まゆげの位置が上がり、おでこにしわがよります。それでも視野がせまい場合には、あごをあげて下の方を見るようになります。眼精疲労や頭痛、肩こりの原因になるともいわれています。

原因

眼瞼下垂は、先天性と後天性に分けられます。

先天性眼瞼下垂

生まれつきまぶたが下がっている状態で、まぶたを上げ下げする筋肉である「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」やそれを動かす神経の発達異常によるものと考えられていています。約80%が片側性です。

ほとんどの場合、視機能の障害を及ぼすことはなく、通常は手術を急ぐことはありません。しかし、まれに弱視や斜視の原因となる場合もあります。

後天性眼瞼下垂

もともとは普通にまぶたが開いていた人が少しずつ、または急にまぶたが下がってきた状態です。ほとんどの場合は、数年間かけて少しずつ下がってくる「腱膜性(けんまくせい)眼瞼下垂」です。「腱膜」とは、まぶたを上げ下げする筋肉(上眼瞼挙筋)の末端部の膜のことです。これが伸びたてしまうことによる眼瞼下垂を、腱膜性眼瞼下垂というのです。

いわゆる「年をとって目が細くなってきた」という場合が多いのですが、長期間にわたりハードコンタクトレンズを付けていた人や眼の手術をした人に起こることもあります。

治療

眼瞼下垂の治療法は、原因や程度により異なります。

どのタイプの眼瞼下垂かを診断するには、上眼瞼挙筋機能の測定が重要です。これは眼瞼を上げ下げする筋肉(上眼瞼挙筋)がどれくらい動いているかを見るものです。まゆげ付近を押さえ、おでこの力を使わないようにした状態にして、最も下を見たときと最も上を見たときの、まぶたのきわの移動距離を測定します。上眼瞼挙筋機能は通常15mm程度です。

ある日、急にまぶたが下がった場合には脳梗塞、脳動脈瘤や糖尿病などによる「動眼神経麻痺」などが疑われるので、CTやMRIでの頭蓋内の検査や血液検査を要します。「朝は普通にまぶたが上がっているが、夕方になると開かなくなる」というように変動が大きい場合は「重症筋無力症」という神経の疾患が考えられ、血液検査などを要します。

先天性眼瞼下垂や腱膜性眼瞼下垂に対しては、まぶたを上げる手術を行います。

この場合、まぶたの筋肉の機能が十分にあるときは、挙筋短縮術や挙筋前転術といわれている挙筋腱膜のずれを整復する手術が一般的です。二重まぶたのしわに沿って皮膚を切開し、ゆるんでいる挙筋腱膜を縫合します。

まぶたの筋肉の機能が不良のとき(先天性眼瞼下垂など)は、前頭筋吊り上げ術を行います。これは、おでこの筋肉を人工物などで皮膚の下でまぶたにくっつけ、おでこの力を利用してまぶたを動かす方法です。

手術後は、個人差がありますが、1週間くらいはまぶたの腫れや内出血が続きます。1か月くらいかけてかなり自然な状態になりますが、完全に戻るのには数か月かかります。まぶたが上がりすぎてしまった場合(過矯正)、まぶたの上がりが不足している場合(低矯正)、左右差がある場合は再手術を要すこともあります。


トップページに戻る診療のご案内ページに戻る