こんの眼科の診療案内

院長の「やさしい」目の病気解説

眼瞼内反(がんけんないはん)

症状

「眼瞼(がんけん)内反」とは、「逆まつ毛」と呼ばれるものの一部を指します。逆さまつげのうち、まつ毛がなんらかの原因で内側を向いてしまい(内反)、角膜や結膜に傷をつけたり目ヤニがでてしまうものが「眼瞼内反」です。

逆まつ毛と呼ばれるものの中には本来のまつ毛列以外の部分から生えてくる睫毛が眼球に当たってしまう睫毛乱生も含まれますが、これは眼瞼内反とは区別します。

原因

眼瞼内反はまぶたが腫れぼったい方に見られやすく、その原因は厚いまぶたの皮膚が内反を生じてさせてしまうことです。

治療

眼瞼内反は、手術で治療します。

程度が軽いものには、美容外科で行われている「埋没法」を行います。

厚い皮下組織の存在が原因の場合、皮膚を切開して筋肉や脂肪組織の一部を摘出する「切開法(Hotz法)」の適応になります。若年者の眼瞼内反では、基本的に、眼輪筋を摘出して縫合する切開法(Hotz法)を行います。

埋没法・切開法には、それぞれ長所と短所があります。

埋没法

術後の腫れが少なく、早期の社会復帰が可能です。二重まぶたのラインが気に入らなければ早めの抜糸で元に戻せます。

そのかわり、コンタクトレンズの着脱や頻繁に眼をこすったりすれば、中に埋没した糸が緩んで自然に一重になって手術の効果が消失するという最大の短所も持ち合わせています。また、縫合糸を結膜上に露出しすぎると、術後に縫合糸が原因で肉芽腫を生じる可能性もあります。

切開法

術後は内出血を生じ眼が腫れます。脂肪を取りすぎると、厚い二重や三重瞼になることがあり、それを修正するには脂肪注入などが必要となり、かなりやっかいです。

ただし、埋没法と違い、自然に二重が消失することが極めて少ないという大きな長所があります。

関連リンク


トップページに戻る診療のご案内ページに戻る