こんの眼科の診療案内

院長の「やさしい」目の病気解説

弱視

症状

子供の視力は、生後の一定期間に劇的に発達します。生まれた直後は0.04程度ですが、徐々に成長し、3歳までに0.6、6歳までに1.0となるといわれています。

この時期に目の障害や屈折異常(遠視など)があると、発達の遅れが出てしまうことがあります。このように、さまざまな原因によって視力の成長が止められ、視力が発達しないままになってしまう事を「弱視」といいます。

正常眼
近視眼

近視眼(軸性)

近視眼(軸性)
眼の軸長が長くなってしまった状態。強度近視に多い。

近視眼(屈折性)

近視眼(屈折性)
水晶体が厚すぎて網膜の手前でピントがあってしまう近視。

 

遠視眼

遠視眼(軸性)

遠視眼(軸性)
眼軸が短いために起こってしまう遠視

遠視眼(屈折性)

遠視眼(屈折性)
水晶体や角膜の屈折力が弱い事により起こる遠視。

 

原因

弱視の原因には、屈折異常(強い遠視、左右の屈折度数が大きく異なるとき)、斜視、生まれつきの白内障などがあります。

見えにくい目は視力の成長に必要な刺激が不足してしまうため、ますます使わなくなってしまいます。視力の成長は6〜8歳で止まってしまうため、弱視が見つかったらなるべく早く治療を開始したほうが良いとされています。

治療

弱視の治療は、弱視になった原因を除くことが基本です。

屈折異常の治療には眼鏡装用が必要で、これだけで眼位が完全に治ることもあります。この場合、幼い時期から眼鏡をかけることなるため、保護者の中には抵抗感を覚える方もいることでしょう。しかし、成長した時に斜視や弱視が残ってしまうことを考えれば、許容できるのではないでしょうか。

また、眼鏡による矯正をしながら視力が良いほうの目を毎日1時間から2時間ほど隠し、悪いほうの目を強制的に使うことによって視力をよくする訓練(健眼遮閉法)も行われています。

外見からわかりやすい斜視や眼振(目が左右に振れる事)とは違い、弱視は親の目からでも気づきにくいことがあります。しかし、上述のとおり、目の発達障害への治療は早いほうがいいとされています。


トップページに戻る診療のご案内ページに戻る