小児眼科

DISEASE / TREATMENT

小児眼科とは

小児眼科とは主にお子様の斜視や弱視、近視、遠視、乱視などの診察を行います。子どもの視力は概ね10歳くらいまで発達しますので、それまでに子どもの目の状態をしっかりチェックして、視力を伸ばすことが将来の「目」および「視力」にとって大切になります。

こんな症状はありませんか?

  • 首を斜めにしてものを見ている
  • ものを見づらそうにしている
  • 目を細めてものを見ている
  • 片方の目(見える方の目)を隠すと嫌がる
  • テレビを至近距離で見ている
  • 瞳の位置や方向に違和感がある
  • 学校健診で目の異常を指摘された
  • まぶしがる、目ヤニがよく出る…等

主な疾患

斜視

斜視とは、右眼と左眼の視線が別の場所を向いている状態です。視線のズレの方向によって、内斜視、外斜視、上下斜視、回旋斜視などがあります。原因はさまざまで、目の筋肉や神経、両眼視機能の異常や遠視、ケガなどが挙げられます。子どもの約2%に起こると言われています。

弱視

弱視とは、0歳からの視力の成長期に何らかの原因で、成長が止まってしまい眼鏡をかけても視力が上がらない状態を「弱視」と言います。早い時期に治療を開始すれば視力改善が可能ですが、学童期を過ぎると改善が難しくなります。

近視(屈折異常)

近くの物は見えますが、遠くの物がはっきり見えない状態のことです。眼鏡をかけないと場合によっては弱視、不同視(ガチャ目)、近くのピントが合いにくくなる、より目がしにくくなる等、斜視になる可能性が出てきます。

遠視(屈折異常)

近くの物は見えますが、遠くの物がはっきり見えない状態のことです。遠視を放置してピントが合わないままだと、弱視や眼が内側に寄ってきて内斜視になる場合もあります。

保護者の方へ

9歳までに治療を開始することで視力は大幅な回復が期待されますので、保護者の方はお子様の目に関することで、何か違和感など感じることがあれば、できるだけお早目のご相談をお勧めいたします。

pagetop